Q&A

よくある質問

A.当店では汚れが目立ってきたら、水替えを行なっております。
水替えを頻度に行いますと、綺麗になり見た目よくなりますが、メダカの体調が悪くなる恐れがありますので、お気をつけください。

A.当店では飼育容器は60L水槽を使用しております。 水量があるため、水質、温度の変化が大きく変動しないため、メダカにあまり負担をかけることなく飼育する事ができます。 また、水替えを多くする必要がないため、飼育者様には、おススメです。

A.日光浴は大事です。 水温に気をつけて頂きながら、沢山、日の光にあてていただければと思います。 逆に暗い所ですと、メダカたちは元気がなくなります。

A.問題はございません。 ですが、特定の種類を増やしたい時は、種類別に飼育される必要がございます。 繁殖したとしても混ざっても良いと思いましたら、混泳させていただいて良いかと思います。

A.どちらが良いとは言い難いです。 屋内では、ガラスの水槽などを使用しますと、横見からも楽しむことが出来ますし、藻が生えにくいです。 また、汚れ等もわかりやすいです。 ですが、日光不足になりやすいので、短命や産卵等に影響が出てきます。 屋外では、日光不足になる事もないので、比較的メダカの体調は良いです。また産卵、生育等も屋内よりは飼育しやすいです。 ですが、季節、天候等に左右されてしまいますので、管理の部分ではしづらい部分があります。

A.光の量はメダカ飼育には欠かせません。 電気を使っての光などもありますが、太陽の光が1番良いです。 屋外と屋内で育ったものを比較しますと、違いがわかりますので、ご参考までにしてください。

A.環境の急な変化を与える事です。 暖かいところから、寒いところへ急に移動させたり、ゆったりとした環境から、沢山いるメダカの中に入れたりすることです。 メダカは強いですが耐える事が出来ず、良くない方へいってしまいますので、お気をつけ下さい。

A.環境の急な変化を与える事です。 暖かいところから、寒いところへ急に移動させたり、ゆったりとした環境から、沢山いるメダカの中に入れたりすることです。 メダカは強いですが耐える事が出来ず、良くない方へいってしまいますので、お気をつけ下さい。

A.すぐになれる個体もいますが、数日は見てあげた方が良いです。 不自然な行動をとる個体がいた場合、すぐに対処ができますので。 もし、他の個体に危害を加える行動をしましたら、一時隔離し、また一緒にさせてあげて下さい。

A.水温に大きく影響が出ますので季節の変わり目には、注意してあげて下さい。 朝と夜との気温差が大きく生じてきますので、場所などは考えてあげて下さい。

A.なるべく広い水槽で飼育してあげて下さい。 メダカは深い水槽より、広い水槽が良いです。

質問、お問い合わせはこちら

質問・お問い合わせはこちら